スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びペルーへ?

20090519085420


今年は行かないつもりだったんだけど…なんとなくペルーに行きたくなってきた。

旦那さまへの仕送りもあるし、世間は不況で夜の仕事はどん底で給料がひどいし、彼が帰国してからのことを考えて少しでも貯金をしなきゃならないから、まるっきり行く気がなかったけど…

なんとなく恋しいペルー。

1ヶ月とかは難しいけど…2~3週間ならいいかな?一緒に行こうって言ってた友達は、お母さんに危ないからという理由でダメ出しされて(私まで、危ないから止めなさいと止められた(笑))一人なんだけど、そのドキドキ感もなんか楽しそうだな~。

初めてのお使い風、アレキパまでの一人旅。

まずは頑張って貯金すっか!
スポンサーサイト

すてきなクンビア

20090516162747


パンを焼きました。



…友達が。

えへへ。

私はクンビアが好きです。でも今までは、自分はクンビアなら何でも好きだと思ってた。けど、少し前に、私がクンビアが好きだと知った南米の人が、クンビアの曲をたくさんかけてくれて、その時に違和感を覚えた。

あれ?

なんか違う?

私の好きなクンビアじゃない。


そう、クンビアなら何でも同じと思ってたけど、国によって曲調が違うんです。いくつかの国のをかけてくれたけど、どれもしっくりこなくて、驚いた。

旦那さまにそれを言ったら、「当たり前だよ。ペルーのクンビアはベスト。曲調がロマンチックでしょう」と言ってたけど、ホントにそう。(うちの旦那さま、普段クンビアをバカにするくせに、こういう時は得意気)

私は歌詞の意味は分からないけど、なんていうかメロディが違うの。説明が難しい…でも旦那さまの言う通り、ロマンチックっていうのが的確かも。独特な感じがします。

なんか私がペルーを誇らしい気分になってしまってうれしかった。

WEST SIDE STORY

20090509125843


ジョージ・チャキリスの大ファンだったママの影響で、初めてウエストサイド物語を見たのは小学校低学年の頃だった。

思えば、ラテンに惹かれ始めたのはもうこの頃だったのかも?

英語も分からないのに、音だけで覚えて、気がつけば作品中の曲は全て歌えるようになっていた。

体育館で彼らが踊るマンボを見て、いいようのない興奮を覚えて身体が熱くなった。イタリア系移民のグループはなぜか眼中になく、プエルトリカンのグループの歌とダンスに、恋をした。
そうは言っても、マリアを演じたナタリー・ウッドは実はラテンの血が入ってはいないんだけど、マリアがトニーに出会う夜に着ていた白いドレスが欲しくてたまらなかった。そして、アニタのかっこよさにしびれた。小さい頃は、マリア一筋だったけど、大人になるにつれ、アニタのセクシーさにも惹かれた。(小さい頃は、アニタがちょっとおばさんに見えたけど、今見るとむしろ若々しいことに気づいた)

今年はウエストサイドの50周年らしい。初めて生のウエストサイドを見に行きます。四季のやつじゃなくて、どうしてもブロードウェイのが見たかったから、うれしい!

そして…マリアのドレスに似たワンピースを一生懸命探してます。それを着て行くんだ♪

黄金週間

20090504174814


世間は右も左もGW。

私は…夜は休みだけど、昼間は、昨日も昨日も明後日も明明後日も仕事。そう、恐怖のGWなし週間。

横浜某所で働いていますが…バカみたいな観光客の嵐。昼休みにランチに出ても、家族連れやカップルの長蛇の列…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。