スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルー料理への道

ajiamarillo以前HPを持っていた。それは私の飼っている大切な小鳥に関するページで、今となっては閉鎖してしまったのだけど、小さな命を守る立場として、日々自分への戒めの意味もこめて作ってました。通院記録とか。

で、今回はブログですよ。今流行りの。今年の2月に結婚してから、自分のための時間というのは無いに等しくて、じゃあなんでこういうページを作ってみたかというと、これもまた自分への戒めというか、モチベーションを高めるためというか。平たく言うと、実家に住んでいた頃は、自分の使った茶碗も洗わないようなしょうもない娘だった私が、『あ~皿洗いたくねぇな』とか『ご飯作りたくない。寝てたい。』とかいう時に、こういう場で料理の記録などを管理することで気持ちをアゲられたら、ということです

早速ですが

うちの旦那さまはペルー人です。しかも、和食はほぼおにぎりの海苔ははがして食べるタイプ何冊お料理の本を読み漁ろうがどんなに上手に肉じゃがを作ろうが結婚当初は作ったものの半分以上を食べ残されるのがほとんどで、正直ウツでした

そこで

私はネット上を探し回りペルー料理の作り方を少しずつ、覚えました本屋さんもたくさん探しましたが、何せマイナーなためペルー料理の本は一冊も見つからず、スペイン語が分からないので、ネットで検索対象にできるのも日本語で作成されたページのみとなると、必然的に道は狭まってきますが、そんなことで諦めたりはしません。元来私はとても凝り性でなおかつしつこいへび年の女です

そして、試してみて分かったことは、ペルー料理さえ作れば、多少失敗しても『おいしい』とたくさん食べてくれる、ということでした
だったら。なるべくたくさん覚えて、故郷の味を食べさせてあげたいな、というのがズボラな新米主婦の思ったことでしたコンビニ、外食、会社の食堂…どこへ行っても毎日日本の味付けでは、やはりしんどいかもしれないもし私が海外に住んでもきっと同じ。

昨日はArroz Con Polloという料理を作った。
arrozは多分お米、polloは鶏肉スペイン語の辞書すら持っていないので、細かいことは分かりませんいや、買うけど、毎月買おうと思うけど、高いからつい

出来上がった時に写真を撮る時間がなかったので今回は割愛代わりに、使用するペルーの調味料をいくつか。

左側:Aji Amarillo(アヒアマリージョ)

英語では、ラベルにある通りyellow hot pepperで、すんごい辛いペーストですこれを入れると料理が黄色く色づくのですが、『もうちょっと黄色い方がいいな~』なんて軽い気持ちで入れる量を増やすと痛い目を見ます他の料理でそういうシチュエーションがあったのですが、それはまた別途説明します。

右側:Culantro(クラントロ)

コリアンダー、香菜のペースト。これを買うまでは、コリアンダーなんだから同じかなと思って、普通のスーパーのスパイス売り場にあるコリアンダーパウダーを使ってましたが、見事に別物 で、正直、これ、ちょっとくさいです…生の香菜の匂いとも全く違う、雑草をちぎってすり潰して数日放置しちゃったみたいなニオイ

時間がなくなってしまったので、肝心のレシピはまた今度








テーマ: うちのごはん | ジャンル: 結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。