スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別居の危機

先に言っておくと

うちではなくて、旦那さまの親友のお話です。

ペルーではなくて、同じ南米の男の子なんですが(ないと思うけど、国名で奥さんがここにたどり着いたりしたら困るので伏せておく)、奥様は日本人

彼はうちの旦那さまより若く、確か23とか24くらいだったと思います。顔はシュレックに似てます(関係ない)。

仮にSくんとします(シュレックから)。Sくんは、国に3つか4つくらいの幼い娘がいるんです。娘の母親とは結婚することなく、日本に来たのは旦那さまより多分少し前、4年くらいでしょうか。

日本で結婚したのが1年半前。結婚する前、奥さんとの交際期間は1年くらいだそうです。私の記憶が正しければ。

私は、やきもち焼きだし、オトナじゃないから、もしうちの旦那さまに子供がいたら、結婚はしなかったかもしれない。それを受け入れるだけの、度量がありません。だから、Sくんの奥さんはすごいなぁと思っていた。

去年の12月頭から、Sくんは約1ヶ月半も、国に里帰りをしていました最初は、奥さんも一緒に行く予定だったのが、なんとSくんは『娘と二人っきりで過ごしたいから、その間君はいないでほしい』みたいなことを、言ったらしいのですはっきり覚えていないけど、1ヵ月半の間の、かなり長い期間を、娘とだけ過ごしたいと言ったそうです。言葉の通じない国で、奥さんは放置

もめた結果、奥さんは日本に残りました。

Sくんはうちの旦那さまの一番の親友なので、初めてその奥さんを紹介された時は、仲良くなれるかも、と思っていました

奥さんは見るからに保守的で真面目な人。公務員で、一度も染めたことのなさそうな真っ黒な髪、地味な服、化粧っけのない顔。彼女から見たら、私の服装や、メイクや、雰囲気、そして夜の仕事をしているということが、ちゃらく見えたのかもしれません。まして、旦那さまと知り合ったのが猿去(訓読みしてカタカナにしてね)クラブとくれば、いい加減な人種に思えたのでしょう。

最初の頃は、私はちゃらくないんだよ、これでも一生懸命やってます、という姿を見せようと頑張りました。でも、彼女は決して私には心を開くことはなく、旦那さまの仲間うちでSくんと同じ国出身の男の子の奥さんで、同じようなタイプの女性と、とても仲良くしています。

とあるパーティの時、Sくんの奥さんと、そのもう一人の友達の奥さんと、まみちゃん3人で放置された時はとても困りました。最初は奥さん仲間なのがうれしくて、話を始めました。でも、間もなくして、空気が読めました。

『あなたみたいな子に、苦労の多い南米人の奥さんが務まるの?』
『猿去クラブでちゃらちゃら踊って遊んでるのとは、わけが違うのよ』と言わんばかり

旦那さまの友達の奥さんで、日本人の女性は、みななぜかそういうタイプです。全員奥さんが年上。それもかなりの。男の子は20代前半なのに対して、奥さんたちは30代半ばとか。そして、かたい仕事をしていて、夜遊びなどしたことのないタイプ。見るからに保守的で、経済観念がしっかりしていそう。その、最後のところがポイントなんじゃないかと、ちょっと思った。そういう人なら、言葉も分からない国でも、安心して生活ができる。

以前、国にいるSくんの子供の母親の写真を見せてもらって、驚いた。ものすごくセクシーな、美人。『すごく美人だね』と私が言ったら、Sくんはとてもうれしそうに、そして自慢げに笑って、ありがとう、と言った。

そんな人がいる国に、1ヵ月半。

たとえ関係は終わっていても、奥さんがいても、子供というつながりは、消えない。国で彼女に会わないわけはない。

そして、奥さんいわく、Sくんが日本にいるときも、時々彼女からラブラブっぽいメールとかが来ていた、というのだ。

私なら耐えられない。

そしてつい先週、Sくんと奥さんが、ケンカをしたという。おかげでせっかく一緒に過ごせる土曜日なのに、旦那さまはSくんと飲みに出かけてしまった

Sくんが、就業時間よりずっと早く会社に行っているのだという奥さんは、Sくんが早く会社に行って、電話なりメールなりで、その彼女と話をしている、と思ったらしいSくんは、そんなことはしていない、そう思うなら勝手に思っていればいい、とケンカになったみたい

旦那さまの冷静な推測。

『きっと、奥さんはSの携帯か何かを見たんだよ。そこで何か、Sが彼女と、子供のこと以外の内容、奥さんがいらだつような内容のやりとりをしているのを見つけたに違いない』

私も、そうだと思う。証拠もないのに、あの大人しい奥さんがそんなに怒るだろうか。いつも、ケンカしても私が謝っちゃうの、と言っていた奥さんが。

一ヶ月たっても奥さんが態度を変えないようなら、別居する、とSくんは言っているらしい。

私は、腹が立った。私の知ったことじゃないけれど。

なんだよそれ。逆ギレかよ。今までどれだけ奥さんがお前に尽くしてきたと思ってるんだよ。潔癖なら、奥さんが安心するような態度を見せて、証明するくらいのことしろよ

しかも、年末奥さんが国に一緒に行かなかったことに関係あるか分からないけど、奥さんはちょっと歯並びが悪くて、なんとSくんは『歯を直さないと国には連れて行かない』って言ったらしいですで、奥さんは今、実際に歯の矯正をしてます、本人は気にしてなかったのに旦那さまも、『あいつはひどいヤツだ』って言ってた

子供のことは、この先もずっと一生関わっていくことだから、一概には言えないけれど…できれば2人が仲直りできたらいいな、と陰ながら祈ってます


人気blogランキングへ
FC2 ★国際結婚ランキング★
人気ブログ検索 - ブログフリーク
週刊ブログランキング


テーマ: 国際結婚 | ジャンル: 結婚・家庭生活

コメント

微妙だね~

なんか想像できるな(^^♪
なんだろうね、人生のどこかで花火を上げたくなるのか、amorに燃えている自分があって、でもそういうのを否定している自分もいたり。自分と異質だから、夢中になるのでしょうか・・
まあ、結婚関係にはシリアスでも、男と女の色恋沙汰は、なんでもありだから、そのS君の行動、あきれても不思議じゃないね。ま、これが日本だから、おとなしくしているけど、たぶん彼の国で同じトコをしたら、タマありませんから。
子供っていうのは、やっぱり深刻な問題だよね。
私も、自分に子供がいなかったら、無理だった。
本当の意味で独身だったら、私は、今の彼の状況受け入れることはできなかったよ。

2006/02/22 (Wed) 09:03 | lovelin #- | URL | 編集

Sくんは○ロンビアの人ですけど、旦那さまいわく、○ロンビアの女の子ってすごくキツいっていうんです。多分、南米の女の子って全般的にそんな感じがするんですけど、じゃあ彼女たちにはへーこら従っておいて、日本人の女の子にはわがまま放題なわけ?!ってちょっと被害妄想かもしれないけど、腹が立ったんですよね。そこの奥さん、いつも何でもSくんの言うこと聞いちゃうし。

まぁ尻に敷けばいいってわけではないですけど、、、。←敷きぎみな私

2006/02/23 (Thu) 01:58 | まみちゃん #lE4ggAI. | URL | 編集
なるほどね・・

大和なでしこをなめると痛い思いをすること経験させてあげましょう(笑)
あ、そうそう、新橋のお店
ここです。
http://araishouten.gozaru.jp/
夜は、予約しておいたほうが安心。元フランス料理シェフが作るペルー料理は、大満足です。
よろしかったら、試してみてね。

2006/02/23 (Thu) 02:16 | lovelin #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。