スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近所のみっちゃん

200602152200000.jpg写真は、最近甥っ子が気に入ってるらしいアンパンマンのトラック(?)。

実家の裏に住んでた、みっちゃんが亡くなった。みっちゃんは、パパの幼なじみで、昔から裏の家に住んでいて、猫を3匹買ってて、近所の野良猫にもいつもご飯をあげてた、猫おじさん。

よくパパと外で立ち話をしてた。去年の年末、脳の血管が破裂する病気で(なんていう名前だっけ)、あと一歩で死ぬってところだったらしい。ついこの前その話をパパに聞いて、『麻痺で少し身体が動かなくなったから、ヘルパーとかを頼めって言ったけど、オレはそんなのはいらないってきかないんだよ。あいつ、もう今年いっぱいもたないかもしれないなぁ』って、パパが言っていた。

そして数日前、亡くなっているのを発見された。死後数日たっていて、警察もきたみたい。そんなのを聞いて、パパはどんな気持ちだったんだろう。自分と同い年くらいの幼なじみが、独りぼっちでぽっくり死んでしまったという事実。

とりあえず明日は、姉と一緒に実家に行く。立って2~3歩歩けるようになった、甥っ子を見て、少しは元気を出してくれるといいな。

…と思って今日実家に行って、もっと悲しい事実が発覚

脳の血管が…というのは私の勘違いで、実際は大動脈瘤、という病気だった。去年末、その手術でものすごいお金がかかった上に、ペースメーカーというものを心臓に(?)入れていたらしい。

で。

階下の住人がみっちゃんを見つけた時の状態が、『普通の死に方ではなかった』とのこと。私は、てっきり、その心臓の影響で、急にぱったり亡くなったのだと思っていた。でも、はっきりはパパもわからないらしいけれど、自殺かもしれない、との見解があるらしい。

…そんなの、もっともっと悲しいよ。

手術にお金もかかって、身体の自由もきかなくなって…何が原因か分からない。本当に自殺なのかも分からない。

旦那さまにこの話をしたら、『かわいそうだね。彼のことをこうやって話しているのは、きっと君のパパと、君と、今こうやって僕くらいなんだ。He was nobody...』

涙が出そうになった。

テーマ: 今日の出来事 | ジャンル: 日記

コメント

お悔やみ申し上げます。

幼馴染って、特別だよね。
ウチの父も、幼馴染が亡くなった知らせを聞いた時、電話口で号泣してた。
普段の厳しい父からは、想像出来ない事でした。
その父ももう居ないけど。
一人ずつ、知った人が欠けていくのは悲しいね。
まみちゃんや、お姉さんがすぐに駆けつけてくれたら、お父さんも、亡くなったおじさんも嬉しいと思うよ。

2006/02/28 (Tue) 20:21 | nyatita #/jvu2U.. | URL | 編集
かわいそうだね

自殺だとしたら、本当にかわいそうだね。淋しかったのかもしれないね。最近、年のせいか涙がでやすいの。
きっとまみちゃんさんたちが、話してくれることで、安らかになれると思う。

2006/03/01 (Wed) 23:09 | lovelin #- | URL | 編集

>nyatitaさん

本当に、知っている人たちが欠けていくのって、なんとも言えず悲しい。父も、そういう事が起きてもおかしくない年齢なんだと思うと…切ないです。
コメント、嬉しかったです。ありがとうございます。


>lovelinさん

なんだかねぇ…私はみっちゃんと話したことは多分ないんですが、近所で見たら『あ、みっちゃんまた野良猫に餌やってる』みたいに、それが日常の風景だったんですね。パパなんて小学校くらいからの近所づきあいみたいだし…。
私もだいぶ涙もろいです、最近^^;
lovelinさんも、本当にありがとうございます。少し元気が出ました!

2006/03/02 (Thu) 18:35 | まみちゃん #lE4ggAI. | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。