スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オユッコ芋の煮込み

051109_2032~01.jpgOlluquito con carne(オユッコ芋の煮込み)

初めてこの料理に出会ったのはペルーレストラン(大概の料理はそうだけど)旦那さまがオーダーして食べていて、一口食べてごらん、とあ~んすると…くさっ何が起こったのか、わかりませんでした何せ、初めて見て初めて食べるものだったので、オユッコ芋のにおいなのか、他の材料・または調味料のにおいなのか、私には知る由もありませんとにかくインカコーラでニオイを流し込み、今後あまりオユッコ芋とはあまりお近づきにならずに暮らしていこうかな、とひっそり思っていました
今日は歯医者さんに行ったのですが、その歯医者さんと同じ駅に、南米の食材店が2店舗あります一軒は以前旦那さまと行ったのですが、もう一軒は行ったことがなく、今日は歯医者さんの後に行ってみようかな、と思い、旦那さま抜きで冒険するような気持ちでちょっとワクワクしていました

歯医者さんからほんの徒歩2、3分、そこは雑居ビルの中にありました古めかしい木のドアをキィ~~~、と音を立てて開けると、そこには色々な食材がぎっしり店員さんの女の子2人が、商品のチェックをのんびりとしています一人は日系のようでした。おそらく日系のお客さんもたくさん来るとは思うのですが、いくら顔が日本人と同じでも、きっと雰囲気で分かるのでしょう、彼女は少し考えて『いらっしゃいませ』と日本語で言いました

051109_1918~01.jpg私は端の棚から順番に、じっくり商品を見て回りましたそして、チキンブイヨンと、オユッコ芋、インカコーラ6缶を購入マギーブイヨンって日本にもあるけど、裏の成分表を見たら、一番の違いはなんと、ブイヨンにまで玉ねぎとニンニクが入ってるちなみに、日本のチキンブイヨンにはおしょうゆも入ってましたやっぱり日本の味だなぁオユッコ芋は、冷凍の物を買いました新鮮だし、千切りにしてあって便利ただし、保存のきく缶詰も有り凍っていた時は分からなかったけど、調理して分かりました。例のにおいの正体は、やっぱりオユッコ芋だった…慣れればおいしいのかも初心者の私には、なんていうか泥を食べちゃったみたいな味でしたいや、決してまずくはないけど


051111_0909~01.jpg作り方(2人分)

材料
牛コマ切れ 150g
オユッコ芋 150g
ジャガイモ 1個
玉ねぎ 1/2個
トマト 1個
ニンニク 1片
塩・こしょう・クミンパウダー 適量
アヒ・アマリージョ 小さじ1/2
パンカペッパーもしくはシバリータ 小さじ1~2
チキンブイヨン 1個

051109_2031~01.jpg鍋に油大1とおろしニンニクを入れて炒め、香りづいたら玉ねぎのみじん切りを入れて炒める。しんなりしたらトマト(種を取って角切り)を加え、更に炒めて調味料マークを加えて炒める。そこに、細切りにした牛肉を入れて色が変わるまで炒める。

ひたひたの水とブイヨンを加え、細切りにしたじゃがいも(切った後は水にさらしておく)とオユッコ芋も入れて煮込めば出来上がり

この日旦那さまは、おいしいおいしいと、大盛でよそってあげたにも関わらずおかわりまでして、くさ~、と思い食の進まない私とは裏腹にとても満足げでした

テーマ: 国際結婚 | ジャンル: 結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。