スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小鳥さんの通院

実は、先月から私の可愛い小鳥ちゃんが、通院中です

先月、恒例の定期健診に行ったのですが、検診は何もなければ成鳥になってからは6ヶ月おきに行っています。で、気になることがあれば6ヶ月経っていなくても行くのですが、今回行った時に、何か気になることはありますか?と聞かれて、少し気になっていたことを先生に聞きました。

どうも、何ヶ月か前から、くちばしの横の羽がガビガビしているんです。

これはけっこう前からだったんだけど、バカな私は、うちの小鳥さんは毎日小松菜を食べるので、そのせいでちょっと羽が緑色になって、濡れているんだと思っていたのです幼鳥の時にフォーミュラーを食べてガビガビになっている時みたいな感じ。

で、先生は、多分換羽で新しい羽が生えてきているからじゃない?とおっしゃったのですが、『あとどれくらいたって、変わらなかったら換羽のせいじゃないってことですか?』と聞いたら、2週間くらいかな、とのお答え。もうそれではっきりしました。だって2週間どころか、何ヶ月もそういう状態だったから。

で、それはおかしいね、ということになり、まずは飲み薬を10日間いただきました。

10日後、全く変化なし。

はっきり効果の出るお薬だということで、それが効かないのであれば、ばい菌とか、皮膚病とか、そういった類のものではないとのこと。そこで考えられるのは…

メンタル系の症状。

今や、鳥さんもメンタルヘルスに気をつける時代

てっきり、ストレスとか、気に入らないことがあるとか、そういうことかと思っておろおろしたのですが、そうではなくって、止まり木にこすりつけるのが楽しくて、気持ちよくて、やめられないためにクセになって、くちばしの横の毛が硬くなってしまっているのかもしれない、ということです。

好きなことをやめるのは人間でも難しいので、それよりも、他に楽しいことを作ってあげるのが大切だとか以前買ったおもちゃはたくさんあるのですが、うちの小鳥さんはすぐおもちゃに発情するので、かわいそうだけど全部取り上げてありました。でも、小鳥のおもちゃって、カラフルでかわいいから、すぐ買っちゃう

そういうわけで、数日置きとか、1週間に何回とか、ローテーションでおもちゃを与えてみることにしました。あとは、気持ちが落ち着くというお薬もいただきました。

Anifa (アニファ) 2007年 01月号 [雑誌]そこの病院は、小鳥さんに関する雑誌や本がたくさんあって楽しい

これは小動物全般で、小鳥さんも載ってるけど、ページ数は少ないので、小鳥さんだけ見たい私にはちょっと不満健康に関する指南なんかもよく載っているけど、先生いわく、雑誌に書いてある情報を全て信用してはいけないそうです。実際、この雑誌に書いてあったことで、私が『えっこれ本当?』と思ったことがあって、先生に聞いたら、苦い顔をして、そう教えてくれました。

ぴっぴら帳 (完結編)このマンガがとってもかわいくて好き

なんか、昭和を感じさせる絵と雰囲気なんだけど、そこがまたいいの食堂でアルバイトをする女の子、キミ子(名前がまた渋い)と、道端で拾ったセキセイインコ、ぴっぴらさん(なぜかさんづけなのがまた良い)の、ほんわかしたお話あまりにノスタルジックすぎて、実際に古いマンガなのかな?と思ったけど、そうじゃないみたい。全く現代くささを感じさせない作者さんは、スゴイ

こっこさんこっちは、ニワトリさんのお話。

私はインコびいきだから…と思って読んだけど、こちらもすご~く気に入りました帯に、【文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞作家】って書いてありましたこのニワトリ、こっこさん(やっぱりさんづけ)は、ぴっぴらさんに比べて全然かわいげのない、むしろ憎たらしい(?)感じのふてぶてしさなんだけど、そこに胸がきゅんとしましたちょっと、買っちゃおうかなぁって思っています。

鳥人大系なんと、こんなのまで置いてありました…。

一体、あそこの病院の本たちは、誰が調達しているのか非常に気になるところです。









テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット

コメント

きょうは、通院し

きょうは、通院しなかったー。
実はきょうらいちゃんが気も検診したかったの♪
実はここに検診されたみたい…

2006/12/15 (Fri) 14:03 | BlogPetのらいちゃん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。