スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モツ祭り

20070106145227旦那さまが正月休み中ずっと一緒なので、更新ができません…

今日はcaucauを作ります!

ここを見て下さる方は、ペルー関連に詳しい方が多いと思うのですが、通りすがりの方もいらっしゃるかもしれないので説明すると…caucau(カウカウ)は、ペルーのお料理です。モツ(多分主に牛モツ)を野菜と一緒に煮込んだ食べ物

今まで作ったことがなかったのは、

1.私が内臓系一切、非常に苦手
2.旦那さまがレストランでcaucauをオーダーするのを見たことがないので、好きだと知らなかった

という主に二つの理由からでした。

今回作るに至った理由は…

年末に旦那さまの友人のご両親の銀婚式祝いのパーチーに行ったのですが(その様子は後日UPします)、そこで様々なペルー料理が振舞われ、カウカウもあったんだけど、旦那さまの食いつきっぷりが非常に激しく、4~5回は

『アレ取って』

とお皿を渡され、視線の先を見るとカウカウが…。

『そんなに好きなら、どうしていつもレストランで頼まないの?』と聞いたら、『レストランでは、もっとがっつりしたものが食べたいから』と言ってました。(旦那さまが一番よく頼むのは、ステーキ・フリホーレス・ご飯・フライドポテトなどがどかーんと一皿に乗ったやつ)

そんなに好きなら作ってやろうと、今回思い立ったわけです。

私は、内臓どころか普通の肉もあまり得意ではないので、内臓などもってのほか

とりあえず、旦那さまの友達が内臓を売ってる店を知っているというので(モツって言った方が響きがいいかしら)、折しも激しい雨・風の中、わざわざ電車に乗ってモツを買いに行きました(近所のスーパーにはなかった)雨は夜更け過ぎに雪へと変わりそうな寒さで、少しくじけそうになりつつ、まみちゃんは頑張った

目当ての駅ビル地下の食品街に降りて行くと、野菜・スウィーツ・お惣菜…と色々なお店が軒を並べ、ごく普通の精肉店の隣に、なんとなく怪しげなお肉屋さんが。

そこが私が捜し求めていたモツ屋さんでした。

モツ鍋すら食べたことも、見たこともないまみちゃんにとっては、かなりの衝撃映像。

大きなガラス張りのディスプレイの中は、聞き慣れない名前のモツたちが、誇らしげに並んでいますタン丸ごとなんていう、ダイナミックな商品も当然あって、一つのトレイの中に、キレイに

タンタンタンタンタン

という感じに、仲良くタンが肩を並べて整列。

まみちゃんは、呆然と、ディスプレイに目を取られて立ち尽くしました。

そっか…

モツって、内臓の総称で、色んな部位があるわけで…
それどころか、牛とか豚とか、種類もあるわけで…
どれを買えばいいんだっけ…

15秒ほど茫然自失とした後、ハッと我に返りました。

作業台の向こう側から、白衣みたいのを着たお店のお兄さんが、注文を聞く態勢でこちらを見ているのです。

このままじゃ、モツ初心者だってバレる!

気を取り直して、真剣にディスプレイを覗きます。

先日のパーティで、カウカウはよく観察したもん。

隣で買い物をしていたお客さんと、他の店員さんの話し声が耳に入った。

『そうですね~、豚よりは牛の方が臭みが少ないので、鍋にするならなんちゃらかんちゃら…』

なるほど!牛!てゆーか、元々牛を買うつもりだったし!

そして、一つのトレーが私の目に止まった。見覚えのあるビロビロ加減だった。間違いない、これが私の買うべきモツなんだ。

その名は、ハチノス。

お兄さんに、『この、牛のハチノス、500グラム下さい!』と鼻息も荒く頼んだ。お兄さんは、特に愛想が良くも悪くもなく、あくまで反応の薄いまま、私の初ハチノスをビニールに入れてくれました

レシピは後ほど

テーマ: 料理 | ジャンル: 趣味・実用

コメント

うーーん、内臓の店…沖縄の市場でも少し見かけたけど、とっても迫力のある雰囲気ですよね。。。腸はおろか、レバーも苦手な私が食べられる内臓(?)は牛舌オンリーです!がんばって旦那様に調理してあげたまみちゃんさん、尊敬です!

2007/01/07 (Sun) 10:50 | Maiko #- | URL | 編集

Maikoさん、こんにちは☆

私は牛タンすら危ういです。タンシチューとかは絶対むりで、焼肉のタンは、薄~いのならかろうじていける程度。。。高級なぶ厚いのは不可。安い女です。

モツの調理は、なんだかホラーでちょっと気味悪くもあり、面白くもありました!

2007/01/07 (Sun) 16:51 | まみちゃん #lE4ggAI. | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。