スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の踊り、ラテン人の踊り

mixiで猿去のコミュニティに入ってます

で、少し愚痴みたいになってしまうので、任意で読んで下さい

mixiだけじゃなくて、色々なサイトとかで言われることだけど、いわゆる日本の猿去スタイルというのは、一部の人たちの間で非難されがちというか、見下されがち。

そういう人たちが言いがちなのが、『レッスンで習ったようなやつらが踊っているのは本当の猿去じゃない』ということです。

言っていることの主旨は分かる。

私は、大きく分けたら3タイプのラテンバーに行くことがある。

1つは、日本人が集う(それもいわゆるワザ師みたいな人たち)場所
2つ目は、日本人:ラテン人の比率が日によって違うものの、ラテンよりの場所
3つ目は、日本人がほぼ皆無の、ラテン人のための場所

確かに、日本人とラテン人では、決定的に踊り方が違うのだけれど、だからと言って日本人の猿去スタイルを見下すのは、それも少し違うんじゃないかと思う。

そういう人にありがちなのが、自分はラテン人側で物を言っているということ。

『くるくるターンばっかりして、ラテン人はそんなことしない』
『ラテン人は心で踊る』
『自分はよくラテン人っぽい踊りをすると言われる』

…あのね。

傍から見たら、アナタ自身、アナタが見下してるしょぼい日本人の一人ですから。

○○スタイルという分け方をしての猿去を否定するのであれば、何か間違えてませんか?だって、それは日本で生まれたのではなく、アメリカでもヨーロッパでも浸透しているものなのだから、ブツブツ文句を言うなら、そっちから文句をつけるべきなのに、槍玉に上げられるのはなぜか日本人ばかり。思うに、自分を含む日本人に誰よりもコンプレックスを感じているのは、誰よりも文句を言っているその人たち本人なのだと思う。

うちの旦那さまも、旦那さまの友達も、○○スタイルなんて知りません。彼らと踊る時は、もちろん私もスタイルとは関係なく自由に踊ります。また、3のような場所で踊る時もそう。(あ、ただし、旦那さまはラテンバーで働いていたから、名前だけは○○スタイルっていうのは知ってますが、自分が何スタイルとかは知らない)

ただ、2のような場所の場合。

いわゆる生粋のラテン人でも、彼ら(日本人を見下す人たち)が嫌う【○○スタイル】的な踊り方をする人がたくさんいます。

大体はキューバ人で、インストラクターの人もいるけれど、そうでない人もいる。彼らの踊りときたら、フロアにいる人たちがみんな目を止めて見るくらいにすごい。3のような場所で踊っているラテン人たちの、【ゆるい】踊り方とは全く違う、【魅せる】猿去。

ラテン人でも、そういう踊り方をする人がいるのに、じゃあなぜ彼らのことは否定しないのか、聞いてみたい。くるくる回ってるよ?インストラクターでもない、普通の人ですら。

私は、どちらでも良いと思っている。

3のような場所で、旦那さまとゆる~く踊るのも、とても楽しい。

でも、思うんだけど、彼らが【推奨している】と思われる、スタイルにとらわれないゆるい踊りって、それこそ音楽を楽しんでまったり踊るものだから、私は旦那さまくらいとしか踊りたくない。見つめ合って、身体をくっつけて踊りたいから。ああいう踊り方を、全く知らない人として楽しいんだろうか?

で、【○○スタイル】的な踊り方こそ、知らない人と踊るのが楽しい。こちらは、音楽も私は楽しんでいるけれど、【ワザ】も楽しんでいて、それぞれみんな違うやり方をするから、いかにそれについていくか(フォローするか)が楽しい。

否定している人たちって、要するにリード(女性の場合はフォロー)が上手にできないから、【できない=キライ】っていうのも、一つの理由としてある気がするそれはちょっと安易じゃないのかな~

時間がないので今日はここまで

ラテンかぶれもいいんだけど、自国(つまり日本)の人たち、(ひいては無意識レベルで自分自身)を否定してまでそちらにかぶれるのはいかがなものかそれって、傍目にはとっても滑稽に写ると思います。



テーマ: 音楽 | ジャンル: 音楽

コメント

激しく同意します!!!

2007/01/25 (Thu) 10:28 | ぬこ #- | URL | 編集

ありがとうございます(*^o^*)

2007/01/26 (Fri) 11:49 | まみちゃん #lE4ggAI. | URL | 編集
私も激しく同意します。

私はLAスタイル1本で、上達目指してレッスンを受けて頑張っています。


LAがまともに踊れるようになるまでは他のスタイルでは踊らないようにしています。
そうでないと、ごっちゃになってしまうから。
(余談ですが、キューバンの人に当たると全く踊れません。)



パフォも一時期やっていて、今はお休み中だけどまた出たいし。

ゆる~く踊るのがいい、レッスンに精を出すのがしょっぱいと言う意見もあるようですが、それって考えが狭いような気がして。

色んな考えの人がいて当然。
パフォ目指したり上達目指して頑張る人もいれば、ただ楽しんでゆるく踊れればいいと言う人もいる。

レッスンやパフォを目指して頑張る人たちを見下して、自分達が正当なサルサの楽しみ方をしていると言う考え方は辞めて欲しいですよね。

このブログを読んで、すかっとしました!!

2007/01/31 (Wed) 22:47 | べびみひ。 #- | URL | 編集

べひみひ。さん★

ありがとうございますe-266

上達するのが楽しい人もいるし、ゆるく踊るのが楽しい人もいるし、自分がどちらかしか好きでないなら、それでいいと思うんです。ただ、好きでない方をわざわざ否定するのは、どうかなって思うんですよね。

それに、否定する人に限って、好きでない方の踊り方が出来ない人だったり。それじゃ説得力もないし、ただのやっかみ、ひがみにも見える。

べひみひ。さんはLAなんですねe-257私はLAは習ったことがないので、得意でないんですが、LAで誘って下さる方には練習がてら踊ってもらいますe-68…たしかにごっちゃになってしまいますがi-201

べひみひ。さんみたいに一つに絞って極めるのもステキですねv-352頑張ってくださいねv-343

2007/02/01 (Thu) 01:01 | まみちゃん #lE4ggAI. | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。