スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SALSAな映画

まずはフランス映画、『SALSA!』
冒頭、ピアノコンクールでショパンを弾いていた主人公が、いきなり演奏を止め、たまりかねたようにキューバ音楽を弾き出す最初のそのシーンからけっこうドキドキめちゃくちゃ色白で美しい主人公の男性、ヴァンサン・ルクールが、自分が魅入られたキューバ音楽のために、地位を捨ててものめりこんでいくそんなひたむきで熱い映画ヒロインの女の子が、とってもセクシ~

キューバ人に扮した主人公に(日焼けサロンで肌を焼いたり髪型を変えたり、かなりの変貌ぶりほんとに別人に見える)ヒロインのナタリーはサルサを習いに彼のダンス教室に来るのですが、ほんの1回習った後でいきなり主人公にクラブに連れ出されます

最初は恥ずかしがって、踊るどころか主人公に背中に腕を回されただけで身体をこわばらせるナタリー嬢ところがノッてきたら、やたら華麗にステップを踏むだけではなく、髪は振り乱すわ、ドレスの肩紐は両方落ちまくってるわ、スカートの裾はまくりあげるわそりゃもう大騒ぎ

別にナタリーの肩紐が気になるだけではなく、全体的にダンスシーンがとても楽しいそして、主人公の友人のキューバ人男性の、とても印象に残る台詞がありましたちょっとうろ覚えだけど、キューバ人を真似ようとしている主人公に対して、『いいか、キューバ人になりたきゃ、辛さは笑顔に隠せ』みたいなことを言いますただ単に陽気なわけじゃないのね、と思わずしみじみ

B000ALVY1S
こちらはヴァネッサ・ウィリアムズ主演の、ダンス・ウィズ・ミー
ストーリーは、上記の『SALSA!』の方が盛りだくさんな感じがしますが、こちらはダンスシーンが勝ってます、私としては最初は、恋のお相手の男性、チャヤン(この人、プエルトリコの人気スターなんですね)を見て、『すごいエラの張った人だな。タイプじゃない』ぐらいにしか思わなかったんですが、ダンスシーンにやられたといっても、競技シーンではなく、クラブで踊るシーンあの、ラティーノ特有の、いたずらっこみたいな笑顔でとっても楽しそうに踊ってますこういう表情されると、ヨワイです…

ちなみに、クラブでルエダ(サルサ版フォークダンスというか、集団もしくは何人かで輪になって踊る)をやってるシーンと、ラストの方に、カッコイイ男の人が出てたなんかの映画で見たと思うんだけど、どれだっけ…

それと、アリーmyラブにエレイン役で出ていた、ジェーン・クラコウスキーのダンスシーンもとってもキレイエレイン役の時もよく歌を歌っていて、じょうずだなぁと思っていたけど、それもそのはず、この人ってブロードウェイで活躍していた人みたい

B0001ADAWO
最後はダーティダンシングの続編と言われているけど、前作とは何のストーリーの関連性もない、『Dirty Dancing HAVANA NIGHTS』これはDVDはまだ出てません

アメリカで公開される前、公式サイトがあってそこにトレイラーがあったのですが、それがものすご~くおもしろそうに出来ていたわけですよ私はそれを見て心底ワクワクして、絶対観よう観ようと楽しみにしてました(そのウワサのトレイラーは本編はともかく、このトレイラーだけはほんとにワクワク指数かなり高いと思うのでゼヒ)でも、期待しすぎたせいか…期待しなくてもそうなのか…出来はいまひとつ私は日本語字幕なしで見たので、細かく理解していませんが、アメリカ人のお嬢さんとキューバ人の(割と貧しい)男の子の恋

そのキューバ人というのがディエゴ・ルナくんなのですが、うちの旦那さまいわく『彼のどこがキューバ人に見えるんだよ…』と言ってましたでも、サントラ(左上の画像)はオススメ旦那さまの大好きなORISHAS(キューバのHIPHOPグループ)の曲も入ってます画像をクリックすると視聴もできます

人気blogランキングへ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
週刊ブログランキング
ブログランキングranQ
女性ブログランキングを見てみる?
テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。