スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルーのお茶事情


今回の旅行における私の関心事は、遺跡でも、歴史的な建築物でも、いわゆる一般的にペルー旅行といえばコレ!と思われるようなことではなかった。

もちろん旦那さまの家族に会って、一緒に過ごすことが一番の目的だけれど、私はペルーの人たちの日常的な生活に興味があった小さなことでもしょっちゅう『これは何?』と聞いて、メモを取ったり写真を撮ったりする私を、旦那さまのママやお姉さんはおもしろそうに見ていました

そして、日本に帰ったら私もこれやろう!これ真似しよう!っていうことがたくさんありましたそれは、純粋に私が気に入ったからであり、また、ペルーのおうちでやっていることを、日本でも同じようにやれば、旦那さまが少しでもペルーにいる時の気分を味わえるかなぁ、と思うから

さて、その一つがお茶です。

ペルーのお茶は、とってもおいしかった私はそのお茶がすごく気に入って、絶対日本に帰ったら同じお茶を家で入れるんだ!と決めました私たちは1ヶ月のほとんどを旦那さまの実家アレキパで過ごしたため、私の中のペルーは、9割がアレキパ、1割がリマです。だから私が見てきた習慣などは、ほとんどがアレキパの人たちのものかもしれません。



これは、私たちが毎朝朝食(desayuno)を食べていたテーブル(英語が分からない旦那さまの家族から、スペイン語の単語を色々教わりました。音で覚えてしまったため、スペルの練習のために単語を書くことにします)。

アレキパでは、時間がゆっくり流れます。毎朝、朝食に2時間はかかります。日本で、出勤前に準備をしながら5分で食べる朝食とは、わけが違う

毎朝、朝食(desayuno)の時にお茶を飲みます。

お茶というのは、いわゆる紅茶です。その、紅茶の入れ方が日本とは違う。これは、旦那さまの家だけでなく、叔母さんの家や、友達の家や、色んなおうちで観察したので、これが一般的なようでした。私は、色んな習慣について、それがその家独特のものなのか、それとも色んな家で共通なのかも観察していました

見づらいけど、写真中央にある銀色のポットに、お茶(te)が入っています。でも、お湯はたくさん入っていません。少なめに入れて、濃いお茶を少し入れてあります。そして、マグカップ(どの家も、みんなお茶をたくさん飲むせいか、上品な小さいティーカップではなくて、でかいマグカップでした)に、沸かした熱いお湯(agua caliente)を入れます。その上に、ポットに入っている濃いお茶を少し入れるのです。

お茶は、日本だとダージリンやらセイロン、ウバとかなんだか色々あるので、このお茶はなに?と何人かの人に聞きました。みんな、『えっ?なにって、普通のお茶(te)よ。』と言います。これは困った。お姉さんは缶に紅茶の葉を保存していたので、そのラベルを見たら

te

とだけ、書いてあった。ますます困った。ティーバッグもあるというので、見せてとせがんだら、ティーバッグのパッケージには、TE PUROと書いてあった。

PURO…純粋な、純正の、単なる

なるほど、ただのお茶だ…。でも、匂いをかいで判断したところ、本当にあくまで普通の、紅茶という感じ。スーパーとかで安く売っている、紅茶で代用すればいい様子。

ちなみに、帰国後に五反田のkyodaiに行って、売っている紅茶を見たところ、高い!600円強です。これはやっぱり、日本のスーパーの紅茶にすべき。そして、kyodaiにはTE PUROと書いてあるものはなくて、色んなのがあったけど、わたしには読めないし分かりませんでした。

では、その普通のお茶をおいしくしているものは何か?

私は、お姉さんが朝食を作る時、しょっちゅう周りをうろうろしたり、近くの椅子に座って眺めていました。そして、質問をします。お姉さんは、一生懸命答えてくれます。英語がほとんど分からないお姉さんと、スペイン語が全く分からない私。私は決めました。出来るだけスペイン語を覚えようと。で、持参した本を見ながら、頑張って質問をしました。



これが、ただのお茶をおいしくしているひみつでした

上から、時計回りに

CLAVO…クローブ。日本だと、ポトフを作る時に玉ねぎに刺してるのくらいしか見たことがありません。

ANIS…アニス。これは辞書を見ても、アニスの実としか書いていない。私は日本では見たことありません。

CANELA…シナモン。シナモンって、英語でもシナモンだけど、スペイン語は全然違うんだ。

この3つを、お茶っ葉と一緒にポットに入れるのです。この写真は、わざわざお姉さんがお皿(plato)に出してくれたものを撮りました。これらと一緒に入れたお茶は、とってもおいしい

朝食のテーブルの写真に、オレンジ色の飲み物が入った容器があります。朝食の時、ほとんど毎日のようにフルーツジュースを飲みます。これが、トロピカーナのパックのジュースとかではなく、ちゃんと毎回ミキサー(liquadora)で作ります。パパイヤ(papaya)、マンゴー(mango)、オレンジ(naranja)、バナナ(platano)など、その都度お姉さんが気分でミックスします。

私は、このフルーツジュースよりも…それが入っている水差し(jarra)が激しく気に入った。

このjarraは、普段水や、フルーツジュースや、レモネード(limonada)が入っています。私はこれがほしくって、日本でも売っているとは思うんだけど、どうしてもペルーで欲しくって、買って帰ると言い張りました。ガラスだから、無理よ~とみんなに言われたけど、手荷物にする、絶対買う、ときかなかったjarraと一緒に、カバー(写真で、jarraの手前に写っています)がど~~~しても欲しかった。フタじゃなくて、カバー。ペルーでは、色んなもののカバーが、おそろいの柄でセットになっていたりして、たくさん売っています。

結局、お母さんがjarraとカバーを、メルカド(マーケット)で買ってきて、プレゼントしてくれた一番上の写真が、そのjarraです。お母さんは、フタも一緒に買ってきてくれました。普段旦那さまの家のjarraは、お湯を沸かして入れてあります。多分生水が飲めないから、そうして湯冷まししたものを、お水が飲みたい時は飲みます。私も真似っこして、沸かしたお湯を入れています。冷めるまではフタ、冷めたらカバーに変えて喜んだりしています。

ちなみに、お茶っ葉に関しては、私の判断は正しかったようで、スーパーで安い紅茶を買ってきて、ペルーにいた時と同じようにcanela,anis,clavoの3つを入れて飲んだところ、同じ味が再現できましたこれからは、我が家の紅茶はこれが定番になりそうです










テーマ: ペルー | ジャンル: 海外情報

コメント

お茶は早速やってみたいですね

おかえりなさい♪紅茶にこのようなものを入れるとは知りませんでした。味はスパイシーなんでしょうか?
アニス=ういきょうですね。うちはアニスのお茶はよく飲みますが、あれも紅茶とのミックスなのかな?
私的には、ジュースに惹かれました。新鮮なくだものが手に入るからできるのでしょうか。うらやましい。
ペルーに行ったことがないので、レアな現地情報たのしみにしています。

2007/11/21 (Wed) 20:57 | peruanomama #- | URL | 編集

peruanomamaさん


味は、少しスパイシーなのかな?すごく香りがいいです。私は香りのある食べ物・飲み物が好きなので、気に入りました。うちの姉は、例えばジャスミンティーとか、みょうがとか香りのあるものがニガテですが、そうそう人は多分イヤだと思います。

ういきょう…名前も知らなかった!向こうでは料理にも入ってました。日本でも料理に使うのかしら…。

果物はとても安かったです。その代わり、少し傷んでいても平気で売るし買います(大型スーパーはそうでもなかった)。日本のスーパーってすごく整った果物を売ってるんだなぁと改めて思いました。

2007/11/22 (Thu) 00:01 | まみちゃん #lE4ggAI. | URL | 編集

私も紅茶をよく飲むので、今度スパイスを買って来て試してみます♪
チャイだとレモングラスやシナモンを入れるけど、クローブとアニスとシナモンだと、どんな味になるのかな。楽しみ♪
それに、お湯に濃い紅茶を入れて飲むっていうのも、おもしろいですね。

2007/11/29 (Thu) 01:31 | マリ #qt/YOItg | URL | 編集

マリさんこんちは!
私は普段は、甘くないお茶(麦茶、玄米茶、ジャスミン茶etc)が好きなので、
あんまり紅茶は飲みません。。。(紅茶で無糖ってあんまり好きではない)

でも、この紅茶を飲むと、ペルーのおうちを思い出すから、好きです。

2007/12/05 (Wed) 15:07 | まみちゃん #lE4ggAI. | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。