スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルーの飲み物事情



少し前に、ペルーでおいしかったお茶のことを書きました。
今回は、ペルーのお茶以外の飲み物について。

我が家では今まで、冷蔵庫に常備されている飲み物がいくつかありました。

・午後の紅茶2㍑(旦那さま用)
・コカコーラ2㍑(旦那さま用)
・カゴメ六条麦茶の500㍉㍑数本、或いはそれ以外の麦茶か玄米茶のペットボトル(まみちゃん用)
・果汁100㌫ジュースのパック(まみちゃん用)

毎週、資源回収日には、けっこうたくさんのペットボトルを出していました。ところが、ペルーから帰ってきてから…ほとんどペットボトルを買わなくなりました。それはなぜか?

上の写真は、アレキパの実家のダイニングです。

以前も載せたけど、水差し(jarra)の中には湯冷まし、魔法瓶には、沸かしたお湯が入っています。あとは、テーブルにあるのはおなじみインカコーラ。これ、写真では分かりませんが、2㍑ではありません。忘れたけど、2㍑よりも大きいのです。(しかもガラス瓶)

人のおうちにお呼ばれすると、必ずと言っていいほど、コカコーラもしくはインカコーラ(これが9割)、まれにスプライト(残り1割)が出てきます。いずれかがグラスに入れられて、お客様にはいどうぞ、と渡されるか、場合によっては『コカとインカ、どっちがいい?』と聞かれることもあります。

食事の時も同じです。私は、ご飯の時は絶対にお茶派ですが、出てくるものが和食じゃあないので、別に炭酸飲料でもいいや、という気分でした。ママなんか、年なのによくこんなのばかり飲むな~と思ったら、ママはいつもナイフでグラスをかき混ぜて、炭酸を飛ばしてから飲んでいました。



これは、ある日朝食(desayuno)を食べたスタンド。

エンパナーダや、サンドイッチを売っています。着色料が激しい、色とりどりのジュースも売っています。私は甘いのがニガテなので、いつもお水(agua)を頼んでいました。向こうでは、お水にも炭酸入り(con gas)と炭酸なし(sin gas)があります。私は炭酸無し派。

お水はペットボトルしか見なかったけど、テーブルに乗ってるジュースはガラス瓶。ジュースについては、ガラス瓶のものがたくさんあった(アレキパでは)。ペラペラの薄いストローを挿して飲みます。

で、こういう飲み物すべてが、常温なのです。

リマでは、飲み物が冷えているところが多かったのですが、アレキパでは9割9分なかった。だから、最初はイヤだったけど、いつしか当たり前になり、リマに着いた時は、飲み物が冷たくてむしろ驚きでした。

帰国してからもお腹を壊していたせいもあって(実はまだ調子が悪い)、今やうちの冷蔵庫には、ほぼいつも飲み物がありません。旦那さまの実家のまねっこをして、まず水差しには湯冷ましが入っています。大体、それで済んでしまう。一応電子ポットにもお湯を入れていて、暖かいお茶が飲みたい時は、ペルー式紅茶か、玄米茶を飲みます。



これは、アメリカンドッグ(っていうんだっけ)のスタンド。こういうとこで売っている飲み物は、大抵チチャ・モラーダ。私たちが飲んだやつは、珍しく軽く冷えてました。こういう容器って冷たくなるやつなのかしら?炭酸に疲れたお腹にやさしいです。

一番私が好きだったのは、レモネード(limonada)。

レストランに行っても、よくおっきいピッチャー(というかjarra)に入って出てくることがありましたが、ペルーのレモネードは手作りです。今ミキサーにかけました!って感じで、上に泡が浮いていたりもします。

これは、うちで夕飯を作る時とかに真似しています。水差しに入れてテーブルに出しておけば、旦那さまはぐびぐび飲みます。

旦那さまのお姉さんに、作り方を教わりました。

ペルーのレモンは小さくて、ピンポン玉を一回り大きくしたような、緑色です。日本で手に入るレモンとは、やっぱり風味が少し違うけど、そこはしょうがない。湯冷まし(沸かしたての熱いお湯でも全然おっけー)を水差しに入れて、レモン1個分をしぼる。で、大さじ2~3のお砂糖(水差しの大きさにもよる)を入れて混ぜて終わり!

風邪を引いている時とかは、水差し1杯分の湯冷ましと、レモン1個から2個(ナイフで半分とかに切る)、あとお砂糖を、ミキサーに入れて大胆にスイッチオン。この方がやっぱり味が濃くて、強くて美味しい。でも、日本で売ってるレモンってワックスがかかってるんじゃ…?と思って、日本ではこの方法を試してません。どうやってワックスとるんだろう?あっあと、ミキサーから水差しに移す時に茶こしでこします。熱くても、冷めてもおいしい。



こちらは番外編、リマのスーパーの飲み物売り場。

いやぁ、本当にリマはすごい。リマのスーパーときたら大きくて、清潔で、すごい種類の飲み物があって、それが全部冷えてるんだもん。それも、ある点では日本より充実してることがあって…

この棚、全部ヨーグルト(飲むやつ)なんです

日本って、飲むヨーグルトのフレーバーってそんな多くない気がするけど、もうすごいの。定番のイチゴ、ブルーベリーとかから、マンゴー、グアバ、パパイヤ、チェリー、桃とか、目移りするくらいある。リマには1週間しかいなかったのと、お腹が痛かったので、あまりたくさん試せなくて残念でした。次は絶対マンゴーとチェリーを試したい。

とにかく、うちはあまりペットボトルを買わなくなったので、結果的にエコ!
テーマ: ペルー | ジャンル: 海外情報

コメント

うわ!やっぱりインカコーラですね(笑)。うちの住まいはラテン系のコンビニにないので、インカコーラは、領事館に行った帰りくらいしか買いません。だから、うちの男はインカコーラに飢えています。もうインカコーララブ♪
旦那の親戚宅に行くと、旦那用にはインカコーラのボトル、私にはなぜか緑茶ボトルが渡されます。日本人だからって気をつかってもらっているみたいです。
それにしてもペルーのスーパーすごいんですね。これ試すだけでも時間かかりそう。
まみちゃんのご主人のお宅みたいに、水差しに湯ざましっていいアイデアですね。そういえば、昔は日本の食卓もそんなんだったなと記憶しています。昭和40年代の話しですけれどね。

2007/12/27 (Thu) 18:32 | peruanomama #- | URL | 編集

なんか、今まで家にペットボトルがないと不安で、必ず切らさないようにしてたんですが、なくてもいいんだなぁと思えるようになりました。

うちも、領事館に行った時はインカコーラをごほうびみたいに買うんですが、ほんっとすぐになくなるんです。なんであんなに好きなんでしょうね。日本人がお茶が恋しいみたいなもの?時々は通販でもまとめて買ってたんですが、最近頼まないな…。

緑茶を出してくれるなんて、優しいですね!私、そういう気遣いって日本人は普通にしたりするから(例えばうちの旦那さまを連れて私の家族と和食屋さんに食事に行けば、『彼は何が食べられる?』って気にしてくれるとか)、それが当たり前かと思ってたけど、私がお肉が苦手だと知ってても、ペルーで何度も焼肉屋さんに連れてかれて、そこに行くと私はスープくらいしか頼めないのに、それを見ていても尚同じとこに何度も連れて行くもんだから…向こうの人ってそういうもんだと思ってました。

久しぶりにインカコーラでも注文してあげようかな。

2007/12/28 (Fri) 00:33 | まみちゃん #lE4ggAI. | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。