スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年の初ペルー料理

20080102204511


今日は、arroz tapadoとpapa a la huancainaを作りました。
今年の初ペルー料理☆
tapadoとは、旦那さまに聞いたところ、フタをした、という意味だそうです。ご飯の上にひき肉を乗せて、その上にまたご飯でフタをするからarroz tapado。

あの、食べ物を保存するタッパーと何か関係あるのかな?ないか…。


今回は、papa a la huancainaがすごく美味しく出来て、旦那さまは、これでもか!!というくらい、ワンカイナソースをかけまくっていた。 なんで今回うまく出来たのかは、謎…。


日本人と結婚したのに、ペルー料理作ってもらえていいね、と言うと、(旦那さまの友人の奥さんたちは作ってくれないそうです)『ホントだね!すごくいいね!』だって。他のおうちの日本人妻たちが、旦那さまの自国料理を作らないのは、きっと和食を作っても旦那さまが食べてくれるからだと思うよ。


arroz tapadoのレシピは後ほど!
テーマ: 料理 | ジャンル: 趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。