スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎のペルー料理

今日はとあるペルー料理を作ろうと思って、以前作った時にあんまり上手に出来なかったため、レシピを読んでみた。

めんどうなので、一回レシピをオンライン辞書で翻訳してみたら、すごいことに。



Preparaci?n: Milanese のための切口は震える取られ、poquito オイルが付いているフライパンにそれらを置くと同時に短いもの。

それが彼ら自身を密封し、ジュリアンのタマネギを、切り、加え始める時。フライパンを覆い、minimo に調理するため。解放するべきタマネギか。水または流体培養基のpoquitito を加えるために1 つが乾燥し始めれば調理するその湿気および憤り

いつ既に肉米国東部標準時刻か。salpimentar の上のそしてへのひび2 の卵への貨幣。既に米国東部標準時刻! この版は15 分になる心配し、riquisimo であるのでこれらがときに理想的のためにである。それが喜べば、彼は卵と共にエンドウ豆の錫加えることができる。


解放するべきタマネギか。って…堅い口調で問いかけられてるよ!

料理していて憤りって、すごい。

既に米国東部標準時刻!って、感嘆符『!』がついてるのがポイント!

じょうずにできたら、何を作ったのか後から載せます。
テーマ: 料理 | ジャンル: 趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。