スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルー流ビールの飲み方作法



こちらはアレキパのビール、アレキペーニャ。

後ろに写っている、旦那さまのお姉さんはプーカのTシャツを着ています飲み物は何でもかんでも常温のアレキパでしたが、さすがにビールだけは冷えていた

こちらはレストランなのですが…こういうところは別として、ビールの飲み方が変わっていました。

例えばクラブ(踊るところ)や、友達の家などに、大勢が集まったときのこと。

ビールは適当に何本か頼むのですが、グラスは必ず2つ。初めてクラブに行った時、人数は6~7人いたのに、グラスが2つしか出てこないので驚きました。

なんで2つなのか

まず、誰かがグラスにビールを注いで、飲みます。飲む前に、グラスに注いだらビール瓶は右隣の人に渡します。

ビールを飲む。

グラスを両手で挟み、コロコロする(うまく説明できないけど、木の棒を手のひらで挟んで火をおこす時みたいに、こするみたいな感じ)

コロコロして、グラスに残ったビールの泡がグラス下部に落ちたら、もう一つのグラスにその泡を空ける。

グラスがきれいになったら右隣の人に渡す。

これを延々繰り返して、右回りに飲んで行くんです。当たり前のように、どこでもこのルールだったので、面白かったまぁ、グラスを洗う数が減っていいよね
テーマ: ペルー | ジャンル: 海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。