スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルーの女の子ファッション


ラテンカルチャー好きな女の子にとっては、ラティーナのファッションってやっぱり熱いもので特にここ数年ではブラジルのファッションなどはかなり一般的にも取り上げられている気がします

でも、いわゆるファッション誌で取り上げられるのは、新進気鋭の若いデザイナーさんのブラジルのブランドであったり、本当にモード的そして高いここポイント

私が好きなのは、うまく言えないけど、もうちょっと野暮ったい、ごくフツーのラティーナのファッションです

旦那さまの、日本在住の友人の奥さんや従姉妹とかを見ていて、いいな~と思うことがよくありましたが、多分そういう子のファッションって、いわゆるCanCamとかを支持するごく普通の日本女子的ファッションが好きな人には、まったくもって野暮ったく写るんじゃないかなぁ、と少し思う

ペルーに行ったら、これでもかと洋服を買ってやると鼻息も荒く意気込んでいましたが、何せ1ヶ月もいたので、LLサイズのスーツケースが帰りはいっぱいに…(人にあげるお土産いっぱい買ったし)もっともっともっと買いたかった

私の中でペルーの聖地だと思っている、衣料品の問屋街は、それはもうパラダイスだったママやお姉さんを待たせているという気兼ねさえなければ、もう毎日何時間でもそこにいたかった

そこの写真があるんだけど…旦那さまがデジカメのケーブルをどこかにしまいやがったので、後からUPします…週末に来た旦那さまの友達が、音楽機材と一緒に間違えて持って帰った予感

ブラジルジーンズはいまや有名ですが、その知名度のせいか、日本で買うと高いですよね

あれって、現地で買ったらどれだけ違うんだろう?有名ブランドなら、向こうでもそれなりに高いのかな??

ペルーのジーンズ万歳

私は、ブランドはどうでもいいので(でも上の写真は、ペルーのブランドで、置いているお洋服の系統がすごく好みだった)、有名ブランドのブラジルジーンズはそんなに惹かれない。もちろんデザイン次第なんだけど。旦那さまの日本在住のお友達を見ていて、彼らが履いてるジーンズがかわいかったから、絶対ペルーのジーンズはかわいいはず、と思って旅立ちました

正しかった。

リマでもアレキパでも、色んなお店で、30本以上は試着しました(全部じゃないけどちゃんと買ったよ)。ノーブランドだけど、すごくかわいい購入した物の中には一応、有名らしきジーンズメーカーもあるみたいだけど(有名と言ってもペルーの子しか知らないと思うけど)、それでも値段はステキぜひこのまま知名度の低さを保っていただき、値段が上がらなければ幸いです

日本でもペルーのお洋服が買えたらいいのに、って旦那さまに言ったら、『買えるよ。こっちで安く売っている人、いるんだよ。今度友達のお母さんに聞いておくよ』と言ってました。期待せずに待ってみようと思っています

ペルーの衣料品というと、どうしてもアルパカのセーターとか、ポンチョとか、そういう方面に行ってしまいがちで、日本にもペルーの某・民芸品店がありますが、そこにも、衣料品があったとしてもせいぜいセーターとかになってしまいます。それはそれで、見ているのは楽しいからいいんだけど…。

ペルー(現地)のお土産屋さんに必ず売っている、似たようなデザインのセーター。私はおねえちゃんへのお土産に一枚買ったんだけど、旦那さまに『かわいいのに、どうしてペルアナはこういうのは着ないの?』と聞くと、『だってそれは、観光客が買うものだよ…。ペルーの人は着ないよ』と言われてしまいました

※これも写真があるので、後からUPします。

私は、生のペルアナが着るようなお洋服を、いっぱいいっぱい買って、日本で売りたいなぁ、とちょっと思った

日本人にはあんまり需要がないかもだけど(ブラジルファッションという名目ならともかく)、在日ペルー人には売れるかもしれない。旦那さまは、『お金を送って、ボクのお姉さんに洋服を送ってもらえば?』と言うけど、それはイヤ!!あくまで、歩き回って、気に入ったやつだけ買いたい!!

でも実は、お姉さんとはすごく好みが合って、全く同じタイミングで同じ洋服を指差して『これカワイー!!』と二人で声を合わせて叫んじゃうことが何回もあって、お互い笑っていましたでも、旦那さまも、お姉さんもピタピタのお洋服は好きではなく(旦那さまの場合は、単に私にそういうのを着せたくないだけ)、店員さんはモロにジャストサイズから1サイズ下のジーンズを私に試着させて、ムチムチ状態な私を見て

『完璧だわ!!すごくかわいいわよ!!!お尻がすごく大きく見えるもの!(←ここ、褒め言葉らしいけど、日本の販売員なら死んでも言わないですね)』

と言いますが、旦那さまは絶対にその1サイズ大きいものを買わせます毎回毎回、店員さんは納得いかなそうでした。まぁ、旦那さまがいやがるなら、そっちでいいや、と思うので、ちゃんと従っていた貞淑ヅマな私

仕事でイヤなことがあったので、ちょっと明るい話題でした



テーマ: ペルー | ジャンル: 海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。