スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅惑の唇



アクセス解析を見ていたら、『画像 お熱いのがお好き マリリンモンロー スカートのシーン』というキーワードでたどり着いた方がいました。

は、私の大好きな映画、『紳士は金髪がお好き』より、『Bye Bye Baby』を歌うマリリン大好きなシーンです以前にも書いたけど、マリリンの唇の動きが、魔法のようですディズニーの白雪姫の唇の動きに似ていて、なめらかなスローモーションみたいに、不思議な動き
そして、絶妙な目線の落とし方、動かし方…

女神です。

ちなみに、有名な地下鉄のスカートのシーンは、『お熱いのがお好き』ではなくて、『七年目の浮気』です当時夫だった、野球の神様と言われるジョー・ディマジオが、あのシーンを見て激怒、離婚につながったと言われています

両方とも監督は巨匠・ビリー・ワイルダーで、『お熱いのがお好き』はモノクロ映画。素敵な歌が多いので、私は『お熱いのがお好き』の方が好きです相手役のトニー・カーティスが、マリリンとのキスシーンを演じましたが、『彼女とキスするのは、ヒトラーとキスするようなもの』と言ったことも有名。それは、マリリンが精神的に問題を抱えていて、遅刻を繰り返したり、台詞を忘れたり、自分勝手な行動が多かったせいだと言われていますが…

それでも、グランドピアノの上に横座りになって、悲しげに『I'm through with love』という歌を歌うマリリンは、本当に可憐ではかなげで、『もう二度と恋はしない』と歌いながらうつむくマリリンを見たら、誰だって抱きしめたくなるはず

と、いうわけで。

スカートのシーンは、七年目の浮気、で探して下さいね
テーマ: 俳優・女優 | ジャンル: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。