スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやらしい歌詞

20080605122438


うちの旦那さまの前世は多分、犬だったと思います。
何かのパッケージを開ける時は、はさみじゃなくて歯で開けるし、家にあって口に入る大きさのものは、なんでも噛んでダメにします。さすがに金属とかはないけど、主にプラスチック製品。

上の写真は、私がこよなく愛する六条麦茶のフタですが、左が噛まれた後。遠目に見た時はこれがなんだか分からなかった…。

ところで先日、旦那さまのお友達で中米?の人とお話をしていました。

彼は旦那さまと同じくHIPHOPとかが好きなのですが、旦那さまが、『うちの奥さんは、ラテン音楽が好きなんだよ。レゲトンとか、サルサとか、ペルーに行ってからはクンビアにもハマってるよ』と言ったら、『へぇ~いいね!僕も好きだけど、レゲトンの歌詞は時々NASTY過ぎるよ。聞いててうげ~っ!て思うことがある』と言いました。それを旦那さまが通訳してくれて、私は彼に言いました。

『そうなの?私は気にならないよ。だって、なんて言ってるか分からないから』

そしたら彼は『そりゃ~いいね!』と爆笑してました。でも、意味が分からないのに、ああいう音楽を聞いたらうずうずして踊りたくなるのが不思議だね、私日本人なのにねって私が言うと、

『意味が分からなくても関係ないよ。それをSABORって言うんだよ』

と言ってました。サボールは何?って聞いたら、tasteとかflavorだって。なるほど。

そういえば時々、歌を聴いてて、よく出てくる言葉とか、気になる言葉があると旦那さまに意味を聞くのですが、こないだdame lo que quieroって何?って聞いたら、旦那さまが笑いながら『give me what I want』って言っていて、私も笑ってしまいました。なんかがつがつした歌詞でウケた…。

意味が分かると、倍楽しい☆
テーマ: HIPHOP,R&B,REGGAE | ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。