スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キレイの努力

20080825185703


プリンセス、舞踏会バージョン。…カワイイ。

旦那さまに、『まみちゃんキレイだね』と言われた時、或いは『すごい、まみちゃんはgoodだね(仕事、家事、etcなんでも、誉められるようなことをしたとき)』と言われた時、私の機嫌が悪いと(大体機嫌が悪い時くらいしか、キレイだなんてお世辞言わないし)、

I know.(当たり前)

と答えます。

旦那さまが目を丸くしたので、説明しました。

私はキレイよって言っているわけじゃない。

私は美人じゃない。
でも、どうしたら自分がキレイに見えるか、ヘア、メイク、ファッションなどに気を配っている。お水の女の子たちは、それがすごくうまくて、その努力をするのが当たり前。

何もしなくても完璧に美しいならともかく、そうでないなら、女性は努力するべき(ただし女性を捨ててるとか、そういう人は、自分がそれでいいなら構わない)。

仕事(昼間の)も同じ。努力しています。その結果、表彰して頂けたけど、それでもまだ自分は足りないと思うから、努力を続ける。…なんか昭和の日本人って感じ?

当たり前って高飛車に答えながら、本当は、鏡を見てうんざりすることがいっぱいある。でもそんなことは表に出さず、ひたすら努力。

女らしいというよりは、むしろ男らしい気が…。
テーマ: 日々のつれづれ | ジャンル: 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。