スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交通事故

今日は休みで、旦那さまが夜勤なので友達と食事をして、帰る時のことでした。

渋谷に着く少し前、携帯が鳴り、知らない番号だといつもは出ないのですが、携帯番号ではなくて03の番号だったのと、すでに22時を回っていて、そんな時間に電話がかかってくることに少し疑問を感じて、なんとなく出てみると

「○○さんですか?私、○○病院の**と申しますが、お父さんが交通事故で入院していらっしゃいます」

…頭の中が真っ白になりました。

私は、19時頃まで実家にいて、友達と食事に出かけるので実家を出ました。その時パパはテレビを見ながら食事をしていたし、そんな時間に外に出ることはないと思ったので、これはよくある詐欺ではないかと思いました。

お父さんが入院していて、相手の方と示談するのに、お金を振り込んでください、とか・・・
看護婦さんが色々と説明をするのをほとんど聞き流し、とにかく父に代わって下さいと頼むと、看護婦さんは本当にパパに電話を代わり、それはまぎれもなくパパの声でした。

病院名だけ聞いて、場所も知らないのに、とにかく今から向かいます、と電話を切った。(看護婦さんも看護婦さんで、今渋谷にいますと言ってるのに、インターネットはありますか?インターネットで場所を調べてみてくださいって、そんな状況でネットカフェにでも行けってこと?)

携帯のナビで病院の場所を調べて、向かった。

看護婦さんの話では、頭蓋骨を骨折しているとの話だった。手や足ならまだしも、よりによって頭。電車の中で、おかしいくらいに体が震えた。泣きそうになったけど、必死にこらえた。

病院に着くと、当直の先生が出てきて、CTの写真を見せてくれた。

本当に頭蓋骨が割れているのがわかった。それを見て、病院に着くまでなんとかこらえていた涙がポタポタ流れた。でも、命には別条がないとのことだった。脳からの出血も、ないらしい。看護婦さんと話している間に、パパは少し吐いてしまったらしく、それを見て少し怖くなった。

お姉ちゃんは、当然来なかった。彼女はそういう人だから。おばさん(パパの妹)は、私と入れ違いに病院に来てくれたらしい。私はとりあえず、今晩実家に泊まることにして、明日入院に必要なものを持ってまた病院に行くことになった。

パパは、夕飯を食べてから、散歩をしていたらしい。散歩をしていて、本当にバカだと思うけど、なんと環七を、歩いて渡ろうとしたのだ。何考えてるんだろう・・・。警察の人も言っていたけど、6車線くらいある、当然横断禁止のところらしい。あんな大きな通りを歩いて渡るって、ほんとに何考えていたんだろう。

今日私が、友達と食事に行かずに、パパと食事に行っていたらよかった。

夕飯後に散歩する習慣があるなんて知らなかったけど、やっぱりパパはさみしいんじゃないかと思った。私がパパと食事に行っていたら、パパは散歩に出ることもなかったと思う。

事故にあったのが20時過ぎ。私の携帯に病院からの着信が来たのが22時過ぎ。いつもパパと食事に行く時には、20時ならまだ一緒に食べている頃だ。

友達になんか、会わなければよかった。
お前が父親のことをもっとケアしないからだと、神様に言われているような気がした。罰を与えられたような気がした。それも、私自身がケガをするのではなく、パパがケガをした方が、ずっと私にはこたえると、わかっているから与えられた罰のようだった。

脳になにか障害が出るかどうかは、もう少し時間を置かなければわからないらしいけど、何も異常がなかったとしても、こんな事故起こらなければ良かった。交通事故なんて、大抵の人は一生あわないものなのに、それが自分のパパに起こるなんて。

ママを亡くして、パパにまで何かあったら、私はどうしたらいいか分からない。

パパの意識ははっきりしていたので、私はそんな不安を微塵も見せずに、「まったく何やってるの?!ほんと最悪!びっくりさせないでよ!」と強く言って帰ってきた。

実家に一人でいると、この家が独り暮らしにはいかに広くて、静かかがよくわかる。

パパは、いつもここに一人でいるんだ。

私の鳥さんはいるけど…それでも一人。私がお金持ちのキモい日本人のオヤジとでも結婚していたら、大きな家を買ってもらって、パパと同居が出来たのかな、とか、しょうもないことを考える。どうやらそうとう気持がまいっているらしい。

実家に来たら必ずBS放送を見るのに、こんな時に限って、クソおもしろくもない70年代の映画をやっている。でも、おもしろい映画をやっていたって、今は見る気になれないかな。

明日は病院に行って、もしかしたらパパをはねた人にも会うかもしれない。(彼はバイクに乗っていた)

20代の男の人で、とてもいい人だった。彼自身ケガをしていて、何も非がないのに、謝ってくれた。よけきれなくてすみません、と言っていた。脚をケガしたらしくて、明日出来れば様子を見せてもらおうと思う。何か障害が残ったらどうしよう。。。

なんでこんなことが起こったのかな。。。

頭がぐるぐるして、眠れない。



テーマ: 今日の出来事。 | ジャンル: 日記

コメント

大変でしたね。お父さんのケガですが、頭の部分と聞けばご心配も当然です。
でも本当に大事にいたらなくてよかった。
まみちゃんさんのお気持ちよくわかりますよ。私の母も一人暮らしで、病院に運ばれたあと、自分が育った実家に一人でいたとき、母の孤独を痛いくらいに感じて一人で泣いていました。
でも、私はまみちゃんさんのように、心のやさしい娘ではなかったし、母親との関係もよくなかったから。
うちの目の前も環七だから、状況はわかります。
事故にあったお父さんご自身もショックでしょうね。
痛みが早くなくなることを心から祈っています。

2008/10/03 (Fri) 13:33 | peruchanpuru #- | URL | 編集

peruanomamaさん

ありがとうございます。昨日の夕方になって脳からの出血が認められて、少しいやな感じになりました。これ以上出血が増えると、意識がなくなったりということもあるそうで、心配しています。

本人は事故の時の記憶がないのですが、痛みがひどいらしく、それを見ると、私が代わってあげられたらと思います。

これから病院に行ってきます。。。

2008/10/03 (Fri) 15:53 | まみちゃん #lE4ggAI. | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/10/03 (Fri) 20:56 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。