スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEST SIDE STORY

20090509125843


ジョージ・チャキリスの大ファンだったママの影響で、初めてウエストサイド物語を見たのは小学校低学年の頃だった。

思えば、ラテンに惹かれ始めたのはもうこの頃だったのかも?

英語も分からないのに、音だけで覚えて、気がつけば作品中の曲は全て歌えるようになっていた。

体育館で彼らが踊るマンボを見て、いいようのない興奮を覚えて身体が熱くなった。イタリア系移民のグループはなぜか眼中になく、プエルトリカンのグループの歌とダンスに、恋をした。
そうは言っても、マリアを演じたナタリー・ウッドは実はラテンの血が入ってはいないんだけど、マリアがトニーに出会う夜に着ていた白いドレスが欲しくてたまらなかった。そして、アニタのかっこよさにしびれた。小さい頃は、マリア一筋だったけど、大人になるにつれ、アニタのセクシーさにも惹かれた。(小さい頃は、アニタがちょっとおばさんに見えたけど、今見るとむしろ若々しいことに気づいた)

今年はウエストサイドの50周年らしい。初めて生のウエストサイドを見に行きます。四季のやつじゃなくて、どうしてもブロードウェイのが見たかったから、うれしい!

そして…マリアのドレスに似たワンピースを一生懸命探してます。それを着て行くんだ♪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。