スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒寿おめでとう

20090629174059


昨日はおじいちゃんの誕生日パーティーがありました。本当は満89だけど、数え(だっけ?反対?)で90歳になるから、元気なうちにお祝いしようということに。総勢16人!内、孫が8人、ひ孫1人。

すごくいい誕生日だった。おじいちゃんは、嬉しそうだった。食べ始める前に、おじいちゃんは、ママの成人式の、振袖を着た写真を持って来て言った。

『ここにはいませんけどね、私の長女を見てやってくださいよ』

と、皆に写真を回した。私はもうちょっとで泣きそうだった。

でも、そんなところは見せず、多分、叔母さんたち(ママの妹たち)も泣きたかったかもしれないけど、皆ふざけて、『長女の写真行きます!』とかいって笑っていた。

叔母さんが、ママが怒るからと、ママの分もグラスを用意して、ビールを注いでくれた。

おじいちゃんは上機嫌だった。うちのおじいちゃんは話が大好きで、いっつも同じ話をする。みんなそれをからかうんだけど、おじいちゃんはいつも構わず同じ話をする。

『それじゃあね、私の生い立ちをちょっと聞いて下さいよ』

『私は6人兄弟でして…』

『当時私が育ったところは江戸城の西で…』

『少年団で習った歌をちょっと歌いますよ』

と、昨日は歌まで飛び出した(笑)

みんなおじいちゃんの話は覚えてるので、『そんときに〇〇さんが〇〇って言ったんでしょ』とか、お姉ちゃんなんかは茶々を入れて、おばあちゃんはそれを見ると堪えきれずに笑いまくって、涙が出るまで笑い、それが伝染してみんなも笑う。

全員聞いてるわけじゃないので、適当に誰かが相づちを打つことになってて、孫たちは無責任なのであんまり聞いてないけど、パパや叔父さんあたりは一生懸命相づちを打ったり質問をする。聞いてないけど、でもおじいちゃんの話大好きだよ。

来年も、みんなでお祝いしよう。もっとひ孫が出来るまで、たくさん長生きしてね、おじいちゃん、おばあちゃん。
テーマ: 日々のつれづれ | ジャンル: 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。