スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ曲



アレキパでは、いつも旦那さまの運転で移動していました旦那さまの車の名前はパンチョ。車に名前をつけるのが一般的なのか、彼の一族だけの風習なのか知らないけれど、名前がついているとまるで生き物みたいに愛着がわく。

おんぼろパンチョはいつも大音量でHIPHOPを流しながら、アレキパの道を走る。

時々旦那さまがかけていたこの曲が一番好きだった。うるさいだけのラップはキライだけど、こういうのは好きだからこの曲を聴くと、アレキパを思い出す。

あの、アレキパのじりじりと焼けつくような太陽、乾いた空気。助手席に座って、石畳の町並みをガタガタと走っていたパンチョのこと。

テーマ: 心に沁みる曲 | ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。