スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命の出会い

ふと思い出した

リマにいた時のこと。

朝、例のごとく『いちごジュースが飲みたい』と言うと、旦那さまが朝食を食べに連れて行ってくれたルンルン気分で手をつないで歩く

歩道のところにあった電信柱に、色んな張り紙。

その中に、女の人と、男の人と、ハートとかが書いた張り紙があった。

なんだろう??出会い系?テレクラ?なんか怪しそう

あれ、なぁに?と旦那さまに聞くと

あぁ…魔女だよ。

えっま、魔女?!

もうちょっと詳しく聞くと、つまり、占いのことでしたいくら英単語知らないからってさーそのテキトーな説明、やめようよペルーの人、占いがけっこう好きなんだって。

でもそれで、旦那さまが面白い話をしてくれた。


そーいえば、僕のママも占いが好きなんだ。

あれはいつだったか…僕がまだ、子供のころだよ。高校生くらいだったかなぁ。ママに占いに連れて行かれたんだ。ものすごく汚い、怪しい家で、もっと怪しいおばさんが、そこにいた。

それでね。

その占い師のおばさんが、ママにこう言ったんだ。


あなたの息子さんは、いつか海外に出て行く。

あなたはとても心配だと思うけれど、それを止めてはいけない。

なぜなら、息子さんが海外に行くことは、彼にとっても、あなたたち家族全体にとっても、幸せにつながるから。

そして、あなたの息子さんは

外国人の女性と、結婚します。


ひー魔女正しい

なんかぞくぞくしちゃった私、そのおばさんに会ってみたいなー
テーマ: 海外旅行 | ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。